読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

と、思うじゃん?

かんヴァル(@rindou_siten)がTwitterに書ききれないことを書きます

ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール- 感想(後半ネタバレ有り)

 

f:id:ruberu_dragon:20170220080945j:plain

 

 

公開日に見てきました。特典小説の配布が初週じゃないし、小説来るまではいいかな~って感じだったんですが、ツイッターでフォロワーが「人生で最もすごい……」くらいのテンションだったので、「ほ、ほんまか……?」と思いつつ、もう我慢できねえ!と突然行きました。

 

いや本当によかった。

人生で一番よかった……。

 

人生で最もすごい……。

 

 

 

 

もちろん、「おもしろい」と言ってもいろいろあります。

でも総合的な面白さで、オーディナルスケールは自分の中で頂点ですね……。

 

 

とりあえずざっとツイッターで語ったので、そこは丸々コピペします。

 

――――――――

 

オーディナルスケール、大げさに言えば"アニメ映画の答え"だったと思う。こうすれば面白い、っていう答えがあった……。映画からのキャラクターであるエイジ周りのエピソードが本当にすごくて、そこだけでこの映画単体で素晴らしいんだけど、加えて原作の今までの要素を入れるやり方も凄すぎて→


アスナ周りのエピソード、キリトとアスナのエピソードがめちゃくちゃ泣けるのがすごい。この手の映画で、特にヒロインのアスナなんて原作で描き尽くされてる以上、さらに新しいエピソードを作るのは難しいはずで、だからこそゲストキャラクターの話に終始する、っていうのが→


王道な原作があるアニメ映画の作り方で、それでも十分面白いし、SAOもそうなると思ってたんだけど、キリトとアスナのエピソードはそこに収まらない、"これ原作でやってもいいエピソードなんじゃないの!?"って思った、まったく出し惜しみをしない。さすが原作者書き下ろしの脚本。


自分はSAOは"めちゃくちゃ好きだけども、本当にファンの人には勝てないかなあ……"くらいの好き度で(シノンとユージオ、GGOとアリシゼーションがとにかく好き)、原作は大好きでよく読み返すけど、ゲームとかスピンオフにまでは手が伸びてない、くらいなんだけど→


SAOが好きであればある程、この映画は刺さるだろうし、そこそこ好きくらいの人でももっと好きになるだろうし、あんまり知らないかな~って人も、観たら興味が持てると思う。原作付きアニメ映画としての到達点で、全人類にオススメの1本です!

 

――――――――

 

……とまあネタバレなしの範囲だとだいたいこんな感じです。

 

とにかくSAOのアニメを見てから映画館に行きましょう!

1期を見てれば楽しめると思いますし、2期まで見てるとさらに楽しいと思います。

 

あ、ちょっとネタバレするとアスナのお風呂シーンと、リーファのおっぱいが映るシーンがめっちゃえっちなので本当にオススメです!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

――――――――ここからネタバレ――――――――

 

 

 

 

シリカが可愛い

 

自分はシノン推しで、シリカが可愛いっていうのはまあそりゃそうなんですけど、劇場版では特に可愛い……。公開前に配信された冒頭12分でのユナの歌を熱唱してしまうところとか、あまりにも可愛い。

 

 

 

 

f:id:ruberu_dragon:20170220080244j:plain

 

突然のリズの無茶振り……。

我慢して……。

 

 

 

f:id:ruberu_dragon:20170220080319j:plain

 

 

我慢して……。

 

 

 

f:id:ruberu_dragon:20170220080337j:plain

 

 

この決めポーズ。

我慢できなかったよ……(可愛い)

 

他にもカラオケでライブの予習!とか、それ普段の僕では……(オタク)ってなるところが親近感もあって、あまりにもユナが好きすぎる気持ちがよくわかって可愛かったですね。何かに一生懸命な女の子、いいよね……。

 

シノンの活躍

 

シノン好きとしては、彼女がSAOサバイバーでないからこその活躍が嬉しかったですね。

キリトのバイクの後ろに乗りたすぎるところもいい……。

 

3キリトとアスナの物語である

 

ここが本当にすごいと思いましたね……上でも書きましたが、原作がある映画では、ゲストキャラクターを出して、そのキャラクターのエピソードをやっていうのが普通だと思います。

アスナはメインヒロインで、彼女のエピソードは原作で描かれていますし、映画で使ってしまうと原作でそのネタができなくなってしまいます。

しかし、今作でのエピソードは、原作同様のクオリティなんですよね……原作者が書き下ろしているので当然ではありますが、「そのネタは原作で取っておかなくていいの!?」と驚きました。この出し惜しみのしなさがすごい……。

 

アインクラッドでの記憶が消える。

 

二人の出会いが、積み重ねた思い出が、約束が消えてしまう。

テーマに関する部分は後述しますが、この記憶が消えるという事態によって、キリトが立ち上がるという展開が最高でしたね。

アスナのために立ち上がるキリト。この部分が原作同様の熱さ、クオリティを生み出してるなあと。

 

なによりアスナがめちゃくちゃ可愛い! 私服、髪型のアレンジの多くて、きっとずっと一緒にいても飽きないパートナーなんだろうなと(どの視点の意見だ)

クラインの軽口に軽妙に返すところもいい。

「キリトに襲われたらオレが助けに行くぜ」「ハーイ」みたいなやつ。

キリトのバイクから降りてヘルメットを外して、首を振った時の髪ファサァァアってなるところの仕草とかもいい。

ユナにキスされて赤面するところもいいし、次にされそうになった時に猛烈なバックダッシュで逃げるところも可愛い。

アスナの部屋での、キリトが日記を読んでるところ。キリトになら読まれてもいい、という信頼もいい。あそこでキリトがいきなりアスナを抱きしめるシーンもいいですね……。アスナが本当に大切なんだなと伝わるシーン。

ベッドに押し倒し(?)後の聖母のような笑顔もよかったですね、とてもえっち。

お風呂シーンもえっちでした!

お風呂上がりに風林火山メンバーと合流して、「風呂上がりのアスナ……ゴクリ」みたいなシーンもえっちでしたね……。

しっかりヒロインが愛おしくなる描写があるからこそ、そのヒロインのために立ち上がる主人公を応援できると思います。

いやアスナよかった……。僕はシノン推しなんだが…………いやアスナよかった……。

 

4テーマがよかった

f:id:ruberu_dragon:20170220090144j:plain

なんだかんだこの映画で一番好きな部分はここですね。

エイジ、ユナ、重村……そして悠那。

映画からのキャラクターはテーマを象徴していると思います。

テーマはいろいろな言葉で表せると思いますが、僕は「過去とどう向き合うか」だと思いました。

 

エイジや重村は過去に、悠那に執着している。

エイジは、悠那を取り戻すために、サバイバー達から記憶を奪う。

 

エイジはアスナやキリトを憎んでいるような節がありますが、これはやっぱり"臆病な自分"ができなかったことを出来る英雄を憎む……というよりは、英雄しか、強い者しか覚えられてないということに対する怒りだったのかなと。

どこまでいっても、悠那のためだったろうなと。

この本に自分は載っていない。

弱いものは覚えてもらえない。

 

 

f:id:ruberu_dragon:20170220084630p:plain

 

 最愛の少女が生きた証が残されない世界に怒りを覚えた少年が報われるラストのカットは、本当に素晴らしかったですね……。

 

死後に悠那の夢が叶う、というところも憎い。

 

重村は手段こそ間違っていましたが、娘を愛するが故という動機はよかったです。

 

そして、キリトとエイジの対比。

 


嫌になった運命を

ナイフで切り刻んで

もう一度やり直したら

キミに出会えないかも

 

エイジはデスゲームの記憶などないほうがいいと言います。

しかし、catch the momentの歌詞にもある通り、どれだけ辛い過去だろうと、そこを否定すれば今の自分はなくなってしまう。

デスゲームの過去は辛いものだったが、だからこそキリトとアスナは出会えた。

 

もうこれ人生だよ……(?)

人生に通じるテーマだよ……。

確かに生きてれば辛いことはあります。

でも、辛いことを全部否定していったら、大切なことも一緒に否定しまうことになる、ということだってたくさんあると思います。

 

「過去の自分を否定するようなやつに負けるわけにはいかない」

 

キリトVSエイジの際、キリトが放った言葉にも、テーマが込められてると思います。

 

エイジは手段こそ間違っていたと思いますが、自分はとても好きなキャラクターです。

 

臆病だった過去。

最愛の人を守れなかった過去。

最愛の人の生きた証が残されない世界への憤り。

 


そっと 吐き出す
ため息を吸い込んだ
後悔は苦い味残して

 

catch the momentのこのへんとか、

 

汗をかいて走った世界の秒針は
いつか止まった僕を置いてゆく
あと何回キミと笑えるの

 

このへんとか、

 

 

何もないと思ったはずの足元に 

いつか深く確かな根を生やす

嵐の夜が来たとしても

揺らいだりしない

 

このへんもエイジなのかなあと。

もちろん、どのキャラクターにも、誰の人生にも当てはめられるような、普遍的でありながら素晴らしい歌詞の曲だと思います……主題歌がめちゃくちゃいいのもこの映画の好きなところ……!

 

 

エイジはキリトのように最愛の人のために立ち上がろうとするも、英雄になれなかった、最愛の人を守れなかった、「失敗してしまったキリト」なのかな、とも思ったり。

 

そんな彼が願ったことが報われる、救いあるラストシーンがやはり一番好きなシーンかもしれません。

 

余談ですが、悠那の名前、「悠久と刹那」からきてるのかな?とか思ったり。永遠と瞬間、というのもcatch the momentに込められたテーマですよね。

一瞬一瞬を大切に生きて駆け抜けた少女は、その死後に彼女を愛した少年によって永遠になった……みたいなね。

 

 

5ラストバトルが凄すぎる

 

何度も繰り返されてきた「オーディナルスケール、起動」から「リンクスタート」へ。

衣装もかつてのものに。

これまでの仲間が集まってくる。

100層ボス。

マザーズ・ロザリオ

 

これでもかというくらい詰め込まれた最高の要素に、最高の作画にひたすら圧倒され続けましたね。

 

バトルといえば、戦闘シーンがとにかく多かったんですが、どれもとてもよかったです!

 

最初の《カガチ・ザ・サムライロード》戦から最高でした。

風林火山の連携、エイジの華麗な登場。

あのボス、左腕に巻き付いてる蛇を鞭みたいにして攻撃するのがかっこいい……。

 

《ザ・ストームグリフィン》戦もよかったです。

アスナが的確に指示していく様がかっこいい……!

 

キリトVSエイジもかっこよかったです。

エイジの壁を蹴って飛び跳ねて移動する三次元的な機動がカッコよすぎる……。

 

 

6最後に

 

とにかくストーリー、キャラクター、世界観、設定、ヒロインの可愛さ、主人公のかっこよさ、テーマの深さ、音楽、作画、声優の演技……アニメとして、映画として、エンターテイメントとして……ありとあらゆる要素が素晴らしかったです。

 

映画で一番好き!とかすごいこと言い出しちゃうくらいよかったです……。

 

 

 

f:id:ruberu_dragon:20170220091754p:plain

 

 

あと既に書いたけどリーファアスナのおっぱいよかったな~

早く円盤でないかな~何度も見たい

もう一回観に行くか……。