と、思うじゃん?

@rindou_sitenがTwitterに書ききれないことを書きます

【ネタバレ注意】アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 感想殴り書き

 

 

めちゃくちゃネタバレあります~~~~~!!!!

 

ネタバレ厳禁な内容だと思うので、ネタバレ注意です……!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:ruberu_dragon:20180428121944j:plain

 

 

 

 

 

 

 

冒頭からやばすぎる~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!

いきなり、ロキが…………死んだ!!!!
ハルクとボコボコにやりあって勝っちゃうし……。

まず開始1秒でおもしれえ、サノスやべえ!!!!!!!!

ここ、サノスの部下のやつが「お楽しみの邪魔をするな」って言ってるの好き。サノスの強キャラ感が出る……

トニーとポッツ~~~結婚式~~~~。カプが無限にあるけど、みんな関係性が進んでる感じ好き……

トニーとストレンジ。
タイムストーンを守らないと、っていうスティーブンにトニーが「僕も乳製品を断とうと決めてるんだけど、コラボアイスが出ると……」みたいなこと言うの好き、笑う。
二人共イキってて、お互いにイキリまくるの好きなんすよね……好きなカプかよ……。

ここでバナーがトニーとキャップのことを知って「電話しろよ」ってなるのもすき

そんでもってサノスの部下がやってきてバトル
このへんのアクション面白すぎ!!!町中でド派手にやるのおもしれえ~~~~……

ストレンジの戦い方いいんすよね……

トニーのスーツくそかっこいい……。
ピーター参戦。水面シャアアアアアってなるとこクソかっこいい


トニー達が宇宙船に。トニー、スティーブン、ピーターってパーティーおもろい

ガーディアンズ登場 相変わらずこいつら面白い、いるだけでギャグ空間

マジなノリでいこうぜ
樹液が出るようになってから生意気だぞ

マジでずっと面白い
ソーに張り合うクィルで大草原

ソー、クィル、ガモーラ、みんな家族で複雑。このへんもクロスオーバーの面白さっすね……共通点の部分での会話


ワンダのヴィジョンのパート。
キャップくるとこかっけ~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!

マジでここかっこよすぎて泣いちゃった、最高

ワカンダ。つい最近ブラックパンサーやったばっかだし、もうワカンダくるだけでブチ上がるな……。

シュリ、エムバク……好き。ティチャラ……好き。

バッキー登場。


トニー達のパート
エイリアン。ピーターの映画ネタ。


「坊主、今日からアベンジャーズだ」が最高すぎる

ガモーラとサノス。
この椅子嫌いだった。
嘘のつき方は教えてない。

船長の仕事するか~
ロケット面白い。ソーとロケットの絡みおもしれえなあ……。


サノス、ソウルストーンを手に入れるくだり。
ガモーラを代償に。涙するサノス……
うわー、この人間味……。ただの悪じゃない、高潔な理想のために進む感じ……。すげえヴィランだ……。


ワカンダでのアクション。もう最高すぎる。
ローディーの爆撃。

ハルクバスターを使うバナー。取れた腕で相手をぶっ飛ばして、バリアにぶつけて倒すの最高だった。

ナターシャ達の、敵の兵器に敵をぶつけて倒すやつもいい。


あとソー来るところ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~熱い!!!!!!!!!!!!
ここが一番気持ちよかったかも。

VSサノス。
ここのバトル面白すぎる!!!!!!!!
サノスに能力を使わせないように、徹底的に左手を封じていくバトルいい!!!!
趙スケールなのにこういう駆け引きがあるのいいんすよね

多人数で圧倒的一人と戦うのもいい。
ストレンジ、ピーターは連携向きだよね。
ストレンジで味方に機動性を与えて、ピーターが動きを封じて……アタッカーにトニーがいて……あー面白い
クィルもいい……ほんとにこのへんたのしい

「嘘だと言え!」、ガモーラの死を知るクィル……辛い……泣ける……
ほんとここらへん、クィルのせいでサノスが……っての考えるとなにやってんだよではあるんだけど……無理だ……しょうがないよ……ガモーラが……。

隕石とか落してくるサノス、やばすぎる、最高


ラストらへん、もうひたすら絶望

ソーの攻撃は通じず、ヴィジョンの覚悟をタイムストーンで巻き戻される、指ぱっちん……

メイン級のキャラが次々と消えていく……

スティーブンは「これしかない」って言ってたけど……ここからどう逆転する……?


も~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~面白すぎる
マジで全シーンが面白い、全キャラが最高……
アベンジャーズ4、間違いなく最高の映画になるやんこんなん!!!!!

ああ~~~~~~~~~~~~~~~~楽しみ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!

「さよならの朝に約束の花をかざろう」 感想(後半ネタバレあり)

 

 

めっちゃ泣いた!!!!!!!!!!!!!!!!

 

人生で一番泣いた!!!!!!!!!!!!!!!!

 

いやなんかデカい表現してると安い涙だな、安い人生だな……ってなるけど、めっちゃ泣いたんだもの……。

 

泣いた回数では今まで見た映画でトップですね……。

ワンシーンでの泣きの深さだと「オーディナルスケール」か「新感染」なんだけども、回数はマジで圧倒的に多い……

 

 

 

 

ネタバレなし感想終わり!!

これ以降ネタバレ有りで↓

 

 

 ※追記 ディタがリタになっとる(ずっとリタやと思っててパンフ見てやべ~ってなった

 

 

 

 

最初の里が襲われるシーンでもう辛い……、一人になったマキアで既に泣いて、そこからの出会いのシーンでも泣ける……。

一人になったマキアが、赤ん坊の存在に救われて……。

もちろん、赤ん坊もマキアに救われて、ってところから始まる二人の関係。

 

そこからミドさんとの出会い。ミドさんの優しさに泣ける……。

「母親ってこーゆーのさ!」、あの仕草、後にマキアが真似するとこなんかも。ミドさん本当にいい人だし、いい母親……。

 

この映画全体に共通することだけど、特に序盤のミドさんのところでの暮らしで「ああ、どんどん時間を進めてくだな」ってわかっていくところ大好き……犬が老いてく、子供がどんどん成長していく、季節が巡る、マキアのママが板についていく……。

あとはリタさん、リタさんが好き。「母さんを好きな男なんて」。これが後になあ……。

 

犬……犬が死んじゃう……犬……

「土かけたら遊べない」。

ハガレンじゃん……ヒュースじゃん……とか思いつつ泣く、

エリアルが赤ちゃんの時の、犬の尻尾掴んでるところ好きなんですよね。

 

「お前だってエリアルのかーちゃんだろ!」

母な泣かない。ラング、この時からいい……。

「この間はごめんね、この間はごめんね」、繰り返し練習した言葉は宙に浮いたまま……。

 

「私なら飛べるでしょ?」、レイリア……。

 

マキアの就活……つれえ。

「かあさん、みてみて!」、強く当たってしまうマキア、辛い……。

「大きくならなきゃ母さん守れない」、約束、もう泣かない。

 

酒場?でのウェイター、セクハラされるマキアさん……うわあつらい……と思いつつ、なんかこう、エロいですね。エリアルでかくなってる……このへんから母として以外の感情が……。

メニューで顔隠すマキアさん可愛い。

ラングと再会、泣く。なんか、でかくなってるし、時の流れが、こう、人生の壮大さというか、奇縁というか、好きなシーン……。

「一つの場所にいられない」、つらい……。

 

 

「迷惑をかけてほしい」、仕事や暮らす場所を探す手伝いくらいは……。

ラング、振られてもいいやつ……。フラレてもいいやつな聖人っぷり好き。

 

「踏んじゃダメ!」、「いつまでもガキ扱いで!」

すれ違ってくマキアとエリアル

 

「母親だなんて思ってないから」、「言ったのか? それをマキアに言ったのか?」

「どんな気持ちで!どんな想いでマキアがお前を育ててきたか!」

「びーびー泣いてると、赤ん坊の頃と変わらないな」

 

「泣かない、約束だもん」

「本当に私でよかったの?」

「皮肉だな」

 

「その気持ちだけでなんとか生きてきた」

「どうして時を進めた」

「ただマキアから目を逸らすために」

「ああやってエリアルもお母さんから生まれてきた」

「母さんが育ててくれた俺は、リタを愛している」

 

「いってらっしゃい」「晩御飯までには帰ってくるんだよ」「エリアルのヒビオルは続いていく」「約束破っちゃった」「すごいね、頑張ったね」

 

 

もうなんか終盤、台詞の覚書みたいになってるけど、好きな台詞の羅列……。

好きなとこ、泣いたとこまとめると、


里が襲撃されるとこ
マキアとエリアルの出会い
ミドさんのところでの暮らし、犬、リタ……
エリアルにあたってしまうマキア
ラングとの再会
マキアとエリアルのすれ違い、ラングとエリアル
別れ
再会
リタの出産、リタの謝罪
レイリアとメドメル、あの日怯えてるだけだったマキアがレイリアを……。
マキアとエリアルの別れ。
長老の言葉、愛してはいけない、掟とは違う答えを見つける

 

いや~~~~~~~~~~~ほんまに死ぬほど泣いた、最高だった…

 

 

ふせったーで書いたこと補足して再掲

 

・リタについて

マキアやエリアルに言えなかった「この間はごめんね……この間はごめんね……この間はごめんね……」を抱えて生きてきてきたのかと思うと、本当に切なくて……だからやっぱりマキアに謝るシーン本当に好きです。何度も練習してるところでもう辛くて、宙に浮いたままの、言えなかった言葉が言えて。リタとエリアルの子が生まれることが、

 

マキアの気持ち考えると、リタとエリアルの子には複雑な気持ちありそうだけど、それでもやっぱエリアルの子なら大切だよなあ……っていう。リタの出産のシーン、マキアは子育てをしたけど、出産っていう「母」に必要な大きなところが抜け落ちてて、そこをリタの出産で目の当たりにして、エリアルを産んだ人のことを思い出して……って構図が綺麗なんだよなあ……。エリアルの、結局リタとくっついたところへのアンサーとして、「母さんが育ててくれた俺がリタを愛してるんだよ」ってのとか、「エリアルのことを考えるのは私のことを考えるのと一緒だよ」とか、すれ違いも、全部飲みこんで二人の関係は最高のものなんだよな……っていう。

 

 

 

 

 

 

 

ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール- 感想(後半ネタバレ有り)

 

f:id:ruberu_dragon:20170220080945j:plain

 

 

公開日に見てきました。特典小説の配布が初週じゃないし、小説来るまではいいかな~って感じだったんですが、ツイッターでフォロワーが「人生で最もすごい……」くらいのテンションだったので、「ほ、ほんまか……?」と思いつつ、もう我慢できねえ!と突然行きました。

 

いや本当によかった。

人生で一番よかった……。

 

人生で最もすごい……。

 

 

 

 

もちろん、「おもしろい」と言ってもいろいろあります。

でも総合的な面白さで、オーディナルスケールは自分の中で頂点ですね……。

 

 

とりあえずざっとツイッターで語ったので、そこは丸々コピペします。

 

――――――――

 

オーディナルスケール、大げさに言えば"アニメ映画の答え"だったと思う。こうすれば面白い、っていう答えがあった……。映画からのキャラクターであるエイジ周りのエピソードが本当にすごくて、そこだけでこの映画単体で素晴らしいんだけど、加えて原作の今までの要素を入れるやり方も凄すぎて→


アスナ周りのエピソード、キリトとアスナのエピソードがめちゃくちゃ泣けるのがすごい。この手の映画で、特にヒロインのアスナなんて原作で描き尽くされてる以上、さらに新しいエピソードを作るのは難しいはずで、だからこそゲストキャラクターの話に終始する、っていうのが→


王道な原作があるアニメ映画の作り方で、それでも十分面白いし、SAOもそうなると思ってたんだけど、キリトとアスナのエピソードはそこに収まらない、"これ原作でやってもいいエピソードなんじゃないの!?"って思った、まったく出し惜しみをしない。さすが原作者書き下ろしの脚本。


自分はSAOは"めちゃくちゃ好きだけども、本当にファンの人には勝てないかなあ……"くらいの好き度で(シノンとユージオ、GGOとアリシゼーションがとにかく好き)、原作は大好きでよく読み返すけど、ゲームとかスピンオフにまでは手が伸びてない、くらいなんだけど→


SAOが好きであればある程、この映画は刺さるだろうし、そこそこ好きくらいの人でももっと好きになるだろうし、あんまり知らないかな~って人も、観たら興味が持てると思う。原作付きアニメ映画としての到達点で、全人類にオススメの1本です!

 

――――――――

 

……とまあネタバレなしの範囲だとだいたいこんな感じです。

 

とにかくSAOのアニメを見てから映画館に行きましょう!

1期を見てれば楽しめると思いますし、2期まで見てるとさらに楽しいと思います。

 

あ、ちょっとネタバレするとアスナのお風呂シーンと、リーファのおっぱいが映るシーンがめっちゃえっちなので本当にオススメです!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

――――――――ここからネタバレ――――――――

 

 

 

 

シリカが可愛い

 

自分はシノン推しで、シリカが可愛いっていうのはまあそりゃそうなんですけど、劇場版では特に可愛い……。公開前に配信された冒頭12分でのユナの歌を熱唱してしまうところとか、あまりにも可愛い。

 

 

 

 

f:id:ruberu_dragon:20170220080244j:plain

 

突然のリズの無茶振り……。

我慢して……。

 

 

 

f:id:ruberu_dragon:20170220080319j:plain

 

 

我慢して……。

 

 

 

f:id:ruberu_dragon:20170220080337j:plain

 

 

この決めポーズ。

我慢できなかったよ……(可愛い)

 

他にもカラオケでライブの予習!とか、それ普段の僕では……(オタク)ってなるところが親近感もあって、あまりにもユナが好きすぎる気持ちがよくわかって可愛かったですね。何かに一生懸命な女の子、いいよね……。

 

シノンの活躍

 

シノン好きとしては、彼女がSAOサバイバーでないからこその活躍が嬉しかったですね。

キリトのバイクの後ろに乗りたすぎるところもいい……。

 

3キリトとアスナの物語である

 

ここが本当にすごいと思いましたね……上でも書きましたが、原作がある映画では、ゲストキャラクターを出して、そのキャラクターのエピソードをやっていうのが普通だと思います。

アスナはメインヒロインで、彼女のエピソードは原作で描かれていますし、映画で使ってしまうと原作でそのネタができなくなってしまいます。

しかし、今作でのエピソードは、原作同様のクオリティなんですよね……原作者が書き下ろしているので当然ではありますが、「そのネタは原作で取っておかなくていいの!?」と驚きました。この出し惜しみのしなさがすごい……。

 

アインクラッドでの記憶が消える。

 

二人の出会いが、積み重ねた思い出が、約束が消えてしまう。

テーマに関する部分は後述しますが、この記憶が消えるという事態によって、キリトが立ち上がるという展開が最高でしたね。

アスナのために立ち上がるキリト。この部分が原作同様の熱さ、クオリティを生み出してるなあと。

 

なによりアスナがめちゃくちゃ可愛い! 私服、髪型のアレンジの多くて、きっとずっと一緒にいても飽きないパートナーなんだろうなと(どの視点の意見だ)

クラインの軽口に軽妙に返すところもいい。

「キリトに襲われたらオレが助けに行くぜ」「ハーイ」みたいなやつ。

キリトのバイクから降りてヘルメットを外して、首を振った時の髪ファサァァアってなるところの仕草とかもいい。

ユナにキスされて赤面するところもいいし、次にされそうになった時に猛烈なバックダッシュで逃げるところも可愛い。

アスナの部屋での、キリトが日記を読んでるところ。キリトになら読まれてもいい、という信頼もいい。あそこでキリトがいきなりアスナを抱きしめるシーンもいいですね……。アスナが本当に大切なんだなと伝わるシーン。

ベッドに押し倒し(?)後の聖母のような笑顔もよかったですね、とてもえっち。

お風呂シーンもえっちでした!

お風呂上がりに風林火山メンバーと合流して、「風呂上がりのアスナ……ゴクリ」みたいなシーンもえっちでしたね……。

しっかりヒロインが愛おしくなる描写があるからこそ、そのヒロインのために立ち上がる主人公を応援できると思います。

いやアスナよかった……。僕はシノン推しなんだが…………いやアスナよかった……。

 

4テーマがよかった

f:id:ruberu_dragon:20170220090144j:plain

なんだかんだこの映画で一番好きな部分はここですね。

エイジ、ユナ、重村……そして悠那。

映画からのキャラクターはテーマを象徴していると思います。

テーマはいろいろな言葉で表せると思いますが、僕は「過去とどう向き合うか」だと思いました。

 

エイジや重村は過去に、悠那に執着している。

エイジは、悠那を取り戻すために、サバイバー達から記憶を奪う。

 

エイジはアスナやキリトを憎んでいるような節がありますが、これはやっぱり"臆病な自分"ができなかったことを出来る英雄を憎む……というよりは、英雄しか、強い者しか覚えられてないということに対する怒りだったのかなと。

どこまでいっても、悠那のためだったろうなと。

この本に自分は載っていない。

弱いものは覚えてもらえない。

 

 

f:id:ruberu_dragon:20170220084630p:plain

 

 最愛の少女が生きた証が残されない世界に怒りを覚えた少年が報われるラストのカットは、本当に素晴らしかったですね……。

 

死後に悠那の夢が叶う、というところも憎い。

 

重村は手段こそ間違っていましたが、娘を愛するが故という動機はよかったです。

 

そして、キリトとエイジの対比。

 


嫌になった運命を

ナイフで切り刻んで

もう一度やり直したら

キミに出会えないかも

 

エイジはデスゲームの記憶などないほうがいいと言います。

しかし、catch the momentの歌詞にもある通り、どれだけ辛い過去だろうと、そこを否定すれば今の自分はなくなってしまう。

デスゲームの過去は辛いものだったが、だからこそキリトとアスナは出会えた。

 

もうこれ人生だよ……(?)

人生に通じるテーマだよ……。

確かに生きてれば辛いことはあります。

でも、辛いことを全部否定していったら、大切なことも一緒に否定しまうことになる、ということだってたくさんあると思います。

 

「過去の自分を否定するようなやつに負けるわけにはいかない」

 

キリトVSエイジの際、キリトが放った言葉にも、テーマが込められてると思います。

 

エイジは手段こそ間違っていたと思いますが、自分はとても好きなキャラクターです。

 

臆病だった過去。

最愛の人を守れなかった過去。

最愛の人の生きた証が残されない世界への憤り。

 


そっと 吐き出す
ため息を吸い込んだ
後悔は苦い味残して

 

catch the momentのこのへんとか、

 

汗をかいて走った世界の秒針は
いつか止まった僕を置いてゆく
あと何回キミと笑えるの

 

このへんとか、

 

 

何もないと思ったはずの足元に 

いつか深く確かな根を生やす

嵐の夜が来たとしても

揺らいだりしない

 

このへんもエイジなのかなあと。

もちろん、どのキャラクターにも、誰の人生にも当てはめられるような、普遍的でありながら素晴らしい歌詞の曲だと思います……主題歌がめちゃくちゃいいのもこの映画の好きなところ……!

 

 

エイジはキリトのように最愛の人のために立ち上がろうとするも、英雄になれなかった、最愛の人を守れなかった、「失敗してしまったキリト」なのかな、とも思ったり。

 

そんな彼が願ったことが報われる、救いあるラストシーンがやはり一番好きなシーンかもしれません。

 

余談ですが、悠那の名前、「悠久と刹那」からきてるのかな?とか思ったり。永遠と瞬間、というのもcatch the momentに込められたテーマですよね。

一瞬一瞬を大切に生きて駆け抜けた少女は、その死後に彼女を愛した少年によって永遠になった……みたいなね。

 

 

5ラストバトルが凄すぎる

 

何度も繰り返されてきた「オーディナルスケール、起動」から「リンクスタート」へ。

衣装もかつてのものに。

これまでの仲間が集まってくる。

100層ボス。

マザーズ・ロザリオ

 

これでもかというくらい詰め込まれた最高の要素に、最高の作画にひたすら圧倒され続けましたね。

 

バトルといえば、戦闘シーンがとにかく多かったんですが、どれもとてもよかったです!

 

最初の《カガチ・ザ・サムライロード》戦から最高でした。

風林火山の連携、エイジの華麗な登場。

あのボス、左腕に巻き付いてる蛇を鞭みたいにして攻撃するのがかっこいい……。

 

《ザ・ストームグリフィン》戦もよかったです。

アスナが的確に指示していく様がかっこいい……!

 

キリトVSエイジもかっこよかったです。

エイジの壁を蹴って飛び跳ねて移動する三次元的な機動がカッコよすぎる……。

 

 

6最後に

 

とにかくストーリー、キャラクター、世界観、設定、ヒロインの可愛さ、主人公のかっこよさ、テーマの深さ、音楽、作画、声優の演技……アニメとして、映画として、エンターテイメントとして……ありとあらゆる要素が素晴らしかったです。

 

映画で一番好き!とかすごいこと言い出しちゃうくらいよかったです……。

 

 

 

f:id:ruberu_dragon:20170220091754p:plain

 

 

あと既に書いたけどリーファアスナのおっぱいよかったな~

早く円盤でないかな~何度も見たい

もう一回観に行くか……。

 

 

万仙陣感想(ネタバレ注意)

とりあえずクリアしました万仙陣。メダル集め面倒くさかった……

 

わりと「超面白え!」って部分と、「なんこれ?」って部分があるので、まずは不満なところから行きます。

 

・夢オチなんかーーーーーーーーーーーい!!!?!?!?

一番はここなんですね。

「確かにあれは夢だったけど、そこで過ごした時間は嘘じゃない!」とかまあ色々いってましたけど、あまりに虚しい。

たしかに『夢』をネタにしてる以上はやってもいいネタではあるんですけど、物語の根本の部分に据えて、しかもメインヒロイン(主人公?)っぽい重要ポジションにやらせるってのはなあ。

"どんでん返し"的なびっくりはいいと思うんですけど、それ以降の展開で終始「でもこの四四八達って戦いが終わったら消えるんだよね……」「今までのやつ全部、夢だったんだよね……」っていうのが付きまとって萎え続けてましたね。

同じく八命陣で「実は四四八達は大正時代の人間でした!」ってのがあって、あれも別にいい印象は特にないんですよ。あ、そうなんだ……っていう。まあびっくりしたけど、だからなんなんだくらい。でも別に萎えはしなかった。ただ、こっちは普通に萎えましたね。夢オチは普通にいらなかった……。

 

・ラストバトルが微妙

۞(´´ิρ'´ิ)۞愛い愛い愛い愛い愛い愛い愛い愛い

ファンジンロン、キャラ的には面白いんだけど、こいつ固有のカッコイイ能力みたいなのがないのがなあ。終段を即潰されるって。いやあそこは甘粕とクリームヒルトの見せ場だし全然いいんだけど、なんかしらがんばって抵抗しようよっていう

 

・四四八VS歩美が謎

いや本当にここは比較的どうでもいいんだけど、個人的にめちゃくちゃ気になった。

まずあの一連の仲間と戦わなきゃってシチュエーションは面白いんですよ。で、歩美と戦うってのも面白い。VS狙撃手、燃えるやつですよ。

ただ、オチが謎すぎる。四四八に歩美の銃弾が効かない、四四八が銃弾を握ると、歩美が目の前にテレポートしてくる。どういうことだ?っていう。

もっとなんかあったでしょ……あれなら誰かが乱入してくるとか、四四八は破段を使って透と散に振って歩美の位置を割り出すとか……。あのバトルはシチュエーションが面白かっただけに、オチが謎すぎて首を傾げた。

 

個人的にイマイチだったのはこれくらいです。だいたい合わなかったのは終盤だけで、それ以外は楽しかったですね。

終盤までイマイチで、終盤めちゃくちゃ楽しめた八命陣と逆って感じなんですよね。

八命陣の場合は序盤からルートに入るまでが楽しめて、ルートに入ってからが微妙でしたね。

あ、バトロワじゃないんだ……。あ、ヒロインとボスが戦うんだ……。敵の能力、なんだこれ……っていう。

ただ凛子ルート終盤から、水希ルートのラストまではめちゃくちゃ熱かったです。

 

あんまり合わなかった部分だけあげてもしょうがないんで、面白かったとこいきます。

 

・日常シーンがめちゃくちゃ面白い

八命陣に引き続きなんですけど、さらに面白かったですね。

四四八とセージの絡みは基本笑えましたね。「お前、下手か?」はずるい。

メタギャグが多かったんですけど、そのへんもだいたい面白かったですね。セージとか神野をいじり倒すのは面白すぎた。

山田くんズルい。

f:id:ruberu_dragon:20150503030117p:plain

 

・しーちゃん可愛すぎる

f:id:ruberu_dragon:20150503030222p:plain

f:id:ruberu_dragon:20150503030226p:plain

f:id:ruberu_dragon:20150503030238p:plain

 

まあ面倒くさい部分も抱えてる娘ではあるんですけど、そこはいいや!細かいことはいいんだよ!俺が思うならそうなんだよ俺の中では(スパー

散々夢オチは気に食わねえ!とか言っといて、根本の部分での一因でもあるしーちゃんですけど、知らん知らん。とにかく可愛い。

最初にキャラデザ発表された時点で

歩美>晶>水希>凛子

だったんですけど、プレイしてみたら

晶>歩美>水希=凛子

になって(おっぱいには勝てなかったよ……)

万仙陣では

晶>しーちゃん>百合香さん(現代)歩美>水希=凛子

って感じになりましたね(結局おっぱいには勝ててない)

百合香さん(現代)はジェット機のくだりで笑いすぎたのと、鳴滝くん好き好きオーラ全開すぎるところが可愛いなっていう。

 

・南天とノブがいい

この二人の関係性はよかったですね……!

ノブかっこいいよ、ノブ。

 

 

・四四八VS栄光が熱い

栄光めっちゃよかったですね。

VS親友。栄光が抱えてた想いをぶちまけるのがよかった。八命陣にあった「俺は雑魚くても、卑怯者じゃねえ…わかったか、クッソォ。自分だけ助かりゃ良いなんて思っちゃいねぇんだよバッキャロー!!」ってセリフの踏襲的な、俺は雑魚くても~ってやつがよかった。

 

・乱戦が最高だった

百合香、狩摩VSキーラVSセージ

これが見たかった……!

八命陣の時に期待してたのはこういうノリだった……!

実際、八命陣でも序盤にこういうのあったような。

百合香さんかっけえ。

セージかっけえ。

二転三転して展開が読めない乱戦、やっぱバトロワっぽいノリは面白いなあ。

 

・クリームヒルトさん可愛いカッコイイ

いきなり出てきていきなり戦っていきなりBGMが熱すぎる女。

最後の最後で萌えキャラになるのもいい。四四八と子作りするルートはまだですか?

 

・三馬鹿集合

なんだかんだここは最高に熱い。

夢オチもジンロンも個人的にはイマイチなものの、ここが熱いことには変わりない。

甘粕が大暴れなのが最高でしたね。

あと神野で笑う。神野はネタバレだからCGを事前に出せないっていうのは、もうあれを見れば一発で納得ですわ。

 

f:id:ruberu_dragon:20150503032739j:plain

f:id:ruberu_dragon:20150503032748p:plain

 

 

全体的に思ったのが、『夢』とか『if』を扱うとだいたいちょっとメタっぽいというか、同系統のノリになるんですよね。

スクライド最終回、グレンラガン終盤、まどマギ劇場版、コードギアス終盤、禁書のVSオティヌス戦、エヴァ終盤、テイルズオブエクシリア

厳密にはちょっと違うのもあるんですけど、だいたい『ありえなかったけどあってほしかった未来』というか、そういうのを描くノリ。

こういうのは前提となる積み重ねが面白くないとできないことなので、こういうのがあるのはだいたい面白いです。続編、終盤によくあるんですよね、積み重ねがないとできないことだから。

 

 

 

最後に晶が可愛いシーンを振り返って終わりましょう

f:id:ruberu_dragon:20150503033020p:plain

 

 

あざとい

 

 

 

f:id:ruberu_dragon:20150503033044p:plain

 

 

あざとい

 

 

f:id:ruberu_dragon:20150503033056p:plain

 

 

あざとい……(最後までおっぱいには勝てなかった)